忍者ブログ
スネカジリの子供たちとダイエット!が口癖な私の日常です。2014年は頑張って更新します!
HN:
hiromin
HP:
性別:
女性
職業:
働く母
趣味:
懸賞応募
自己紹介:
美味しいものがあればどこまででも行きたくなります!










カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
バーコード
忍者アナライズ
フリーエリア
2017/10/22 (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007/03/01 (Thu)
昨日聞いたときは、上司の後に校長としていらっしゃる方を交えての、親会社の社長(通称:親指)と、上司とSさんとぴかとべんと私での面談会食だった。
出勤したSさんの格好は背中もぱんつも見えへん服、持っとるやん!
今日はいつもよりもお化粧して(眉毛はかいてないけど)お出かけスタイル。
出勤してすぐにぴかが"а( ̄▽ ̄*) チョイチョイ...
「あんな、いつの間にか市役所のオエライサンと他もろもろの職員さんと、前の市役所の関係の人と『お酒を含む食事会』になったん。で、上司に、今日だけは頼むでSのこと言わんといてって言われたで。で!まだあるに!経費はこっち持ちなんさ。なので接待!!!ええんかいなあ。」
市役所のオエライサン、ごめんなさいねえ。
よそじの私@一応女がそんな宴会の場に同席だなんて。
ほんとは入金業務があるから私は”身分が下”だから行かなくてもいいんだけどなー。

昼前にぞろぞろと背広を着た壮年の人たちがいらっしゃった。
一人は4月からここの校長になる予定の人。
授業を見学して雑談をしているところにSさん飛び込み~。
どうも親指は社長一人だけじゃないみたいで、親会社の頭サンともこの前から私用電話で話していることで繋がりがありそう。
アイコンタクトでフフン♪なんてやってるし。
どうでもいいけど、やっぱり親指に「私には仕事をさせてもらえない」って言ってたらしくて、上司に「仕事を教えてやってくれ。いずれは第一線でやってってもらわなあかんのやで」って言われて、上司が反論しかかったときに親指が、その話はまた今度って締めくくった。
入金業務やら、卒業学生のことやら、入学学生のことやらで忙しいこの時期に、お食事会に私もなんて本心からご辞退申し上げたい。
でも私も一緒にとのことなので、今やっておかないといけないことを優先。
Sさんが私を人に紹介するときに「これは○○・・・さんです。ここの事務の仕事ばっかりをやってます」って言い方した。
自社の者を紹介するときはそんな言い方じゃ笑われるぞ~。
私は物か?
会食はたま○らへ移動。
経費はこっちもち。
席に座るとき、上座から2番目に親指が先に座ってた。
当然のように自然に上座へ腰を下ろそうとして、さすがに親指が「ここは上座」って言ったのに「隣だめですか?」って聞いてた。
全部食べたるっ!
ガツガツガツガツ。
今度の校長先生予定の人は、市内の中学の校長上がりの人。
車の免許を持ってないって言われたので、4月から動かないといけないのは私なんだろうな。
そういう時こそ、本社の管理職のSさんにやってもらいたいけどな~。
宴は2時を過ぎそうなぐらいまでやってたので、来客予定がありますので先にご無礼しますって出てきて、ぴかべんも一緒に学生との約束があるからって戻ってきた。
いずれはここの代表取締役としてSさんを置きたいって親指が言ったことですっごく気分悪い。
私の首はきれーに洗ってあるよ~(o^-^o) ウフッ

戻ってきてぎりぎりセーフで来客が続いた。
ちょっとしてから食事の場所から他の人たちが戻ってきた。
当然Sさんもそこに居る。
慌しく居なかった時間の仕事を埋めておかないと大変な事になる。
書類に埋もれていたら親指が「ちょっとS!」って外に呼んで、外で上司と頭サンと親指と小指が神妙な顔をして話してる。
時々、大きな声で話している部分が聞こえてくるけど何を言ってるのかまでは聞き取れない。
べんちゃんが外でタバコを吸いたいのに出て行っていいのかどうか・・・って気にしていて、ミサさんは気にせずに行けば?って言って二人が一緒に出て行った。
死角になる場所でタバコを吸っていたので居たときの間の話を教えてくれた。
親指はSさんにココの経営をいずれは任せたいらしい。
それなのにSさんに上司が経営面の仕事を教えてくれない!って親指に言ったので、上司は親指に怒られてたとのこと。
Sがここの経営をすることになるなら辞めたる!ってぴかは言うし、私もそうしたい。
でも何にもライセンス持ってないしこの年齢では今から雇ってくれる会社なんてない。
同業で拾ってもらえたら・・・・ぐらい。
上司がムカッ( ̄∩ ̄#なんて思ってたのって、今になって思うと一瞬で切り替えができるようなことだったように思う。
そのときにはハラタツ!って言ってても、後ひかない。
なんか変に今ここって団結しとるよねーってぴか。
2時ごろに学校へ戻ってきたから2時間ちょっと外で喋っていた。
事務所に戻ってきたときにちょうど私も卒業する学生の出席率の計算が出来上がって、明日の会議の資料に皆出席の学生に○印をしたプリントを渡した。
Sさんはそれを見て「みなでせきって何ですか?」って聞いてきた。
皆勤って言葉はあっても皆出席って言葉は馴染みが無いのはわかるけど・・・。
「かいしゅっせきです。入学したときから休んでない学生です」
『この人たちには何かあげるんですか?』
「少しですが金一封を渡します。毎年金額は変わりますけど」
『へえー。それってしょうげききんですね』
「は?しょうげききんってなんですか?」
『○○さん、知らないんですかー?奨励と激励をあわせたら奨激金になるじゃないですかー!』
そんな言葉あったの?
と・・・。
ロッカー向こうの数人の(-ι- ) クックックって聞こえてきた。
で、メールが届いた。
「ひろみんちゃん、しょうげききんも知らないんですかあー?」
食事中、親指がSさんに話し掛けてSさんの返事が「うん。そーねー」だったので返事は当然「うん、そーねー」
後でぴかに「なあなあ、上司が何か言ってきたらさ、私、うんそーねーって言ってもええ?」
『おっこるでえー!多分その言葉、聞きとーないわ!って言うに』
変に団結中。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name:
title:
color:
mail:
URL:
pass:
emoji: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
comment:
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
ILLUSTRATION BY nyao nyaoチャ箱♪  
忍者ブログ [PR]