忍者ブログ
スネカジリの子供たちとダイエット!が口癖な私の日常です。2014年は頑張って更新します!
HN:
hiromin
HP:
性別:
女性
職業:
働く母
趣味:
懸賞応募
自己紹介:
美味しいものがあればどこまででも行きたくなります!










カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
バーコード
忍者アナライズ
フリーエリア
2017/11/24 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007/03/17 (Sat)
私にとっては10回目。
学生のために美容院に行って綺麗にするのは( ̄~ ̄;) ウーン
自分のために気分転換ならいいけど、やっぱりお金は使いたくない。
それに今日は親会社の親指1号も来賓としてやってくることになった。
姑さんと仲がいいって正月に聞いたから、じみーな格好でないと何を言われるかわからない。
みささんにこの前、アップ(最近の若者は盛るって言うらしい)の仕方を教えてもらって、昨夜お風呂に入る前に髪を湿らせて20年ぐらい前に買って、まだ使える電気代をしっかり食うコテでクセをつけてハードムースをつけて逆毛を立ててアップの練習をしたけど、アップにならなかった。
朝はぴかから、時間前に起きれた~ってメールが届いてホッ。
部活組のお弁当と、今夜は送別会のおっとーのリクエストのおにぎり3個を作って朝からまたチャレンジ。
コテを使ってしまうと失敗したら時間がなくなってしまうので、頭のてっぺんあたりの根元をドライヤーで温めてふんわりもわっと・・・にならない。
結局いつもと同じにして、朝からシャツにアイロンを掛けて昨夜のうちにやっておけばよかった・・・と後悔しつつ、着る予定のパンツスーツは入るのか確認もしてなくて、数分の間に2種類考えないといけない。
パンツスーツは入った。
よかった~。
自転車でいつもと同じ時間に家をでようとしたところ、ここばあちゃんが来た。
使うつもりで開封したジャムが甘かったからあげるわってくれたけど、ややこしいパンプスを履いた後だったので脱ぎたくない。
「玄関先に置いといてええよな?」
『ええけど、あんたそんな格好でどこ行くん?』
「出勤。今日は卒業式やで」
『ふーん』
と、ばあちゃんは家に戻っていったのにすぐに私のところに戻ってきた。
『アンタなあ、卒業式って誰もそんな子おらへんやろ!そんな嘘ゆうてどこに行くつもりなん!!』
「え?ガッコ」
『どこのー』
「○○」
『あ、そ』
朝から怖かった・・・。
土曜日のこの時間の駅前はちらほらしかいない。
出勤して2つの会場のヒーターをON。
茶話会会場の袋に入っていないお菓子を出して、懸賞に応募するためのマークがついた空袋を持ってきた。
Sさんもその頃に出勤。
あらら、色が違うだけで私とおんなじパンツスーツ。
かぶってもーた!"く(""0"")>なんてこった!!"
私は黒でSさんは薄いグレーみたいな草色みたいな色で揃えたみたいに思われそう・・・
来賓の方がいらっしゃって時間まで応接室へ。
あれ?このくそいそがいしときにSさんがいない。
と思ったら、応接室のソファに座って一緒に談笑中。
そーねー、私は身分が低いパートだからねー。
そういう人たちへのお茶を出すのは私で親会社の人たちには率先してお茶出すのに変なの。
時間前になって来賓の方をSさんに会場へ案内してもらった。
人前でいい格好をしたいのはわかってるからちゃんと花道つくってる私。
さて、職員の座る位置。
前もってぴかの隣にはマミーちゃん!ってマミーちゃんにも言ってあってその隣もSさんが来る前には陣取っておくように!っていうぴか主任のお言葉どおり、私が上に行ったころには席が埋まってた。
来賓席、ちゃんと準備してあったのに親会社の3人は別の席に座られたのでSさんに向こうの来賓席に座ってもらうように言ったけど、ええわええわって断られてそのままその場所に座られてた。
「お名前をお呼びしますので、こちらの席に掛けてください」って言ったらやっと移動してもらえた。
ほれほれ、やっぱゆーてきた( ̄∀ ̄*)イヒッ
「○○さん、私が座る席はどこですか?」
って返事する前に前のほうに行ったぞ。
ちょうどふっきーが卒業生に注意事項を話していた頃みたいで、そこに座ろうとしてみささんが「ここはふっきーさんの席です」って言ってくれて、Sさんが「○○さん、私が座る席がないです。なので立ってます」ってまたおかしなことを言ってきたので、保護者席の後ろにある椅子を持ってきてあげた。
ホントは来賓席に座りに行くのかなって思ったけど。
式は滞りなく進んで、終わってから記念撮影。
いつもなら茶話会会場の準備に行くけど上司があんたも入れって呼んでくれたので大きな顔をして今日はここで滞在。
その間にSさんが来賓の人たちを鍵をあけてない茶話会会場へ案内してしまった。
外の渡りで行くから今日なんて寒い。
写真を写しているときに戻ってきて「○○さん、向こうの部屋の鍵があいてません。来賓の人たち、外で待っていて寒くて失礼です」
『あ、まだここが終わってないからあけてませんよ。寒いですからこちらに入っていただいて』
「さっき、▲▲先生(べんちゃん)が来賓の方は茶話会会場へ移ってくださいといいました。なのに部屋が準備できていません!」って言って来てムカムカ。
親指1号がきて「ちょっと、○○さん、はよ開けてくれる?外で待っとるのは寒いわ」って言われて開けた。
朝から弱くヒーターをつけておいたのにSさんが「暑すぎます!」って消した。
ちょうど始まる頃に消して部屋の温度はいいぐらいになると思っていたけどそれは伝わってなかった。
ここでもSさんに雑用を頼んだ。
たぶん本人は雑用とは思ってないと思う。
来賓の方への記念品。
「なんて渡すんですか?あげますって渡しますか?」
あほか!
『お忙しいところありがとうございました。お納めくださいって渡してください。渡しそびれると失礼になりますから、もう今渡してもらっていいですよ』って私は言った。
「今日はどーもありがとーございました。小さいものですけどどーぞ」
って聞こえてきた。
確かに小さい。
でもさあ、そういう言い方あかんやろ!
毎年茶話会は撮影大会みたいな感じ。
Sさんは・・・端のほうで来賓の方と喋りこんでた。
親指1号が「今日の飲み会は何時から?」って私に聞いて来た。
あれ?この人たちも来るの?そんな話、私はしてないのに。
「5時からです」
『あそ。ありがと』
ゲェ!もし参加なら人数変更しないと!
上司を捕まえて「あの人たちも慰労会に出られるんですか?」『まさかあ、今日はここの慰労会やで!あんなん来たら困るわ!飯がまずなる』
時間聞かれたってことは来る予定で居るからじゃないの?
(゜゜;)(。。;))((;゜゜)(;。。) ソワソワオロオロ(( ( ̄_ ̄;)(; ̄_ ̄) ))オロオロ
茶話会はお開きの挨拶をしない間に1人抜けて2人抜けてと少なくなってった。
いただいた生花と発注した生花からお花をもらってく。
ここばあちゃんに証拠品。
Sさんは事務所に戻ってから食事に行ってきますって出かけてそろそろ2時間。
私はその間に、来賓の方へのお礼の手紙を発送。
私が知らない間にやった!って怒るかなあ。
後半(いろいあう会=慰労会)に続く。

午後から手が空いてから、いったん家に戻って楽な服に着替えてもどった。
仕事なんて探さなくてもこの時期あるわあるわ。
提出期日や出来上がり期日が先なだけ。
午後から書類に埋もれながら有志での上司の送別会のお店を検索。
春休み中はそれぞれに予定が入っているから、一人一人の予定を見ながらではわからなくなってしまって、これはエクセルでタイムテーブルみたいなのを作らないといけないかも。
気が付いたら4時半過ぎ。
「10分後ぐらいには現地につけるようにお願いします~」と伝えて出かける準備。
一番テンション上がってたかも。
みなさん、ささっと準備されてまだ日が高いのにどーしよーって思った。
この時期の17時ってまだ日が高い。
会場に着いて、お店の人に席を案内してもらって、まずSさんの場所・・・。
上司を挟んでぴかべんがいつもの席だけど、そうするとまだ着てないSさんと誰かが隣になってしまう。
それなら二人そろって座ってもらうほうがよさそう。
上司が毛嫌いしているけど片側の隣にSさんに座ってもらって、片側の隣に二人のほうがいいかな。
浦カアサンに「ここの2つの席ぴかべんですので、来たらここに座るように言ってください」ってお願いして店の外に居て、まだ着てないぴかべんとSさんを待っていた。
自分で予定していた席のとおりに座る事が出来て、慰労会開始。
先に上司に今日はうははははーっとなるから会計をお願いしてあったので、今日は始まるからテンションが上がり気味。
隣に新しい校長が座られていたので、勧められるままビールに日本酒にと戴いて最後の締めはカルピスサワー。
若者ヲヲタに、素敵写真を送ってもらったので多分一番トンデタかも。
いやあ、こんなに飛んでしまった宴会はひっさしぶり。
お酒を戴くのに、明日は娘のレッスンの同行なので~って言いながら、アルコールはそれまでに抜けるに!の言葉を信じて返杯返杯。
途切れ途切れの記憶の中ではシモネタも、へんな格好もしてた。
途中、リセットにトイレに行ったら戻ってくるのが遅いって上司が心配されてたそう。
トイレの間の記憶も途切れ途切れ。
でも今日は1次会でちゃんと帰ってきた。
タイタイが「お風呂わいとるよ」って言ってくれて1番風呂。
おっとーはまだ帰ってきてなくてホッ。
車の運転のため、ノンアルコールのドリンクを飲んでたべんちゃんは一部始終覚えてるらしいし、お酒が飲めない上司もぴかに聞きながら携帯カメラを使って私を映してたので・・・・週明けこわい。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name:
title:
color:
mail:
URL:
pass:
emoji: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
comment:
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
[277] [276] [275] [274] [273] [272] [271] [270] [269] [268] [267]
<< 練習へ同行 HOME ぶきっちょ >>
ILLUSTRATION BY nyao nyaoチャ箱♪  
忍者ブログ [PR]