忍者ブログ
スネカジリの子供たちとダイエット!が口癖な私の日常です。2014年は頑張って更新します!
HN:
hiromin
HP:
性別:
女性
職業:
働く母
趣味:
懸賞応募
自己紹介:
美味しいものがあればどこまででも行きたくなります!










カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
バーコード
忍者アナライズ
フリーエリア
2017/10/22 (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007/01/23 (Tue)
昨夜、朝の家事の準備が終わったのが夜の8時。
15分後にダンスエクササイズが始まるけど今から行って入れるかどうかわからなくて、お風呂に行こうかなあ?どうしようかなあ?ってときに、ぴかからのメールで、今からひとっ風呂浴びてくるわーってことで私も風呂だけにジムへ行った。
行く途中、タイタイが事故した場所で事故したばかりみたいで、十字路をふさいだ形で車が2台。
街道へ出て大廻りして行った。
ロッカーでぴかと会ってそれから2時間、外のお風呂で半身浴しながらたまに肩までつかってずーっと喋ってた。
話の内容はSさんのこと。
Sさんが話の最後になんでも<な>をつけるのが耳になついてしまって、なんか同じようなことを言ってしまいそうって笑いながら言って来た。
「電話で相手の人に、そうですなってか?ヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆」
昨日も、名簿にまだ私の名前が載ってないじゃない!って私に言って来たので、職員名簿をぴかが作るのに悩みの種がひとつ。
「あのさあ、Sさん、どこへ入れたらええの?」
『入社順やもん、一番下の欄でええに』
「そうするとさ、パートのひろみんちゃんよりも下に書いてあるって怒るんやんな」
『怒る原因になるかなあ?』
「あの人はなるにー。絶対!だからさあ、作るに作れへんのよ」
『んじゃあさ、あいうえお順にしたら?』
「学生名簿ヾ(@^▽^@)ノわはは」
「あとさ、Sさんの字、なんとかならんの?くっちゃくちゃの字で読めへんのよ。あんなんでは宛名書き任せられへんにー」
「履歴書も見とるみたいでな、ふっきーに同じ年ですねって言いに行ったもんで、ふっきーもなんで私の年知っとるんやろ?ってゆーとったん」
『ああ、だから私のうまれた年のこと、知っとってゆーてきたんやあ、なんでそこまで知っとるんやろ?って思った』
「でな、ふっきーに結婚できないんですか?って聞いたんやに!」
もうそんな喧嘩ふきかけるようなこと言うてほしないわー!
みんな大人で適当にあしらうのが上手。
上司が、一回アノコを飲みにつれてったらななあって言った言葉もひっかかる・・・・。
飲み代だけくれたらいいのにな。
こんな話でよくもまあ2時間も湯に漬かってたわ。
立ち上がったら立ちくらみ。
でも半身浴って上半身に負担がないからいいかも。

出勤したら今日もSさんはゆっくりの時間に出社して、すぐから本社の仕事をしてた。
この時期ってつかの間の暇なときなので表舞台?での仕事なんてない。
上司に仕事を教えてやってくれって言われたらなんて言おう?
私が毎日やってる地味な仕事は、私がやることじゃないですからって言ってしないもんなあ。
頭痛い。ズズン・・・。
今度の会議に出席するのに出張申請書を渡した。
上半分、記入して下さいって言ったらそれを手にとって見てから怖い顔をして「私でもこれを書く必要があるんですか?」って聞かれた。
必要があるから渡したんやん。
返事はハイとだけ言ったら、くちゃくちゃっと書いて「ン」って言って向かい合わせの机の真ん中の仕切り向こうから差し出された。
怒ったのがわかる字。
前にも説明をした、年間計画はこっちで立ててるんじゃないって話は言ったのに、メモをとってないからまた同じコトを聞いて来たのでこの前説明しましたよって言ったら「いいえ、聞いていません。教えてもらっていません」って言われた。
で、説明したら途中で「ああ、わかったわかった。なんか聞いた覚えがあるわ」
午後、食事に行ってきますって出かけてちょっとしてから本社の愛人1号がSさんを尋ねてきた。
用事があったのかと思ったら近くを通ったからって言われて、じゃあ上司がいらっしゃるから上司にと思ったら、ええわって言われて帰ってかれた。
Sさんが戻ってきて、Nさんが来た事を伝えたらすぐに本社へ電話をかけてた。
仕事を教えてもらえないってことをNさんにも言ってあったようで、二人の組み合わせが周りにとっては心臓によくない。
仕事ねえ・・・
ちょうど帰ろうとしたときにファンヒーターの灯油切れ。
ピーピー鳴っても動こうとしなかったので灯油のタンクを持ってきたのに、椅子を後ろの方に引いたままで、パーテーションにタンクが当たってしまった。
灯油を入れようとしたら来て「何をしているんですか?」って聞かれた。
「灯油を入れてるんです」って見たらわかることやん。
「うちではそういうことをしたことがないから」ってまた言われたので聞いてみたら、ファンヒーターもエアコンもなくてホットカーペットだけって言う。
寒いのにも慣れたって言うので、この前教室のファンヒーターの調子が悪いときにこれをもってってくださいって言ったのもなるほどなって思った。
今度の会議でとんでもない質問を言うんじゃないか・・・ってのが今の心配事。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name:
title:
color:
mail:
URL:
pass:
emoji: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
comment:
ホットカーペット
そういえば、実家の両親も灯油が重くて運べないからとホットカーペットを愛用してる。赤い炎の変わりにハロゲンの赤い光り。
YOU URL 2007/01/23(Tue)20:01:26 編集
ハロゲンヒーター
扇風機みたいな形のハロゲンヒーターあります。
流しにいると冷えてくるのであったかくていいですよ~。
ストーブでもヒーターでも、まん前にいるとクリーニングやさんの匂いがするときが・・・・
ひろみん 2007/01/23(Tue)20:03:47 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
ILLUSTRATION BY nyao nyaoチャ箱♪  
忍者ブログ [PR]