忍者ブログ
スネカジリの子供たちとダイエット!が口癖な私の日常です。2014年は頑張って更新します!
HN:
hiromin
HP:
性別:
女性
職業:
働く母
趣味:
懸賞応募
自己紹介:
美味しいものがあればどこまででも行きたくなります!










カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
バーコード
忍者アナライズ
フリーエリア
2017/10/21 (Sat)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008/03/17 (Mon)
出勤してぴかに土曜に言われたことを聞いて唖然とした。
食事の場を解散して、ぴかは障子向こう側でカスカスと立ち話をしていたら、座敷で元助役がSさんに「なんで○○さんはずっと泣いておったんや?」って聞いて、Sさんが『さあ?どっちが被害者なんだか』って言ってるのが聞こえてきたから話の途中だったけど障子を開けて座敷にいたSさんと元助役に「私が泣いていたのは、本来今日は1年間お疲れ様でしたっていう慰労会の場なのに、今まで非常勤の先生たちに不安な思いをされないように防波堤になってきたことを、そっちからわざわざ越えてきたことが残念だったからです!今日のことで非常勤の先生たちがどのように思われたかは知りません!仕事をしていくうえで被害者や加害者なんて考え方はおかしいです!」とだけ言って下に下りてきたって教えてもらった。
卒業式のときに、賞状が抜けていたことでべこが朝から怒ってきた。
一生に一度の卒業式なのに台無しにした!!って。
Sさんも一緒になって「確認してください」って言わなかった○○さんが悪いって言ってきた。
いちいち言わないといけないこと?って思ってしまう。
どーでもいいものは細かく見直してあれこれ言ってくるくせに。
Sさんが親会社へ行ったときにぴかに、私が一生に一回の卒業式を台無しにしたんだってさ~って言ったらぴかは、一生に一度のまさりこさんの慰労会を台無しにしたのは誰や!!
卒業式が終わってからでも提出書類を作るので朝から机の上は散らかってて書類に埋もれていた。
Sさんは暇なのかカチカチとネットしたり、事務用品のカタログをあくびしながら見たり。
慰労会中にえっちゃんから前の上司から電話があったってメールが届いたことが気になっていたので、夕方帰ってから電話をかけた。
私が名古屋の先生にメールを送ったことを知ってた。
別件で連絡を取り合ってるとのこと。
この地区でここの学校はだいじょうぶなの?って噂になっていることで、リーダー的な存在の人にだいじょうぶですからって一言いっておけば、噂も払拭できるんじゃないかと思ってのことだった。
元上司も名古屋の先生から噂になっていることを聞いていて、無料通話分がまだあるからと思って携帯からかけたけど長電話になってしまった。
元上司はぴかが辞めることを心配してたのと、Sさんの指揮にみんながついていきたくないって一斉にそっぽを向いたらどうなるかってことも心配してた。
あんた、よおあんな奴と仕事しとれるなって言われた。
しょっちゅう衝突してますけど、もう傍観してます。もしここがつぶれたらつぶれたでどういう対応するのかも気になりますしって返事。
学生が休憩時間に麦酒を飲んでいたのは、私が便覧に麦酒を飲んではいけないって書かなかったから私の責任だって言われたこと、新しい学生が何人入ってくるっていうことを先生たちに私が言わなかったから先生との関係が悪くなったって言われたこと、ぴかが加害者でSさんが被害者だって言ったことを話し出したら止まらなくなってしまった。
もうここを離れた人なのに内情をわかってるからってあれこれ言ってしまった。
注意されたのは、相談してもいいけどそれは私がクビをかけることにもなるって言われた。
もし話したことが他に伝わったとしたら、社内の秘密事項を漏らしたってSさんに言いがかりをつけられてしまうぞ!って言われた。
私としては、噂になってるみたいですがだいじょうぶですよって言うだけですって言ったけど、先生からのメールの返事には書いてなかったけどあの学校はおかしいって元上司にも話したぐらいだから、あんたよりも外部の方がよお知っとるんやぞって言われてしまった。
ま、私も加害者だから。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name:
title:
color:
mail:
URL:
pass:
emoji: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
comment:
ILLUSTRATION BY nyao nyaoチャ箱♪  
忍者ブログ [PR]